網入り窓ガラスに施工するには、熱割れの事前判断が大切です。

網入り窓ガラスに起こりやすい熱割れは事前に回避しましょう。

熱割れは、熱の温度差によりおこります。フィルムを貼っていない普通のガラスでも起こることがあります。
サッシとガラスの温度差などが原因です。他にも、カーテンやブラインド、窓に貼られたポスターなどに起因することもあります。
フィルム施工により熱割れが発生しやすいのは、ワイヤーの入った網入り窓ガラスです。
熱割れが発生するかどうかを判断するため、事前に熱割れ計算を実施します。

原因がわかれば対処することができます

熱割れはどうして起こる?

ガラスが熱割れする原因は温度差にあります。
ガラスが直射日光を受けると、日射を受けている部分は温められて膨張し、周辺のサッシや他の原因により影になっている部分は膨張しません。
膨張する部分とそうでない部分があることにより、引張応力(熱応力)が発生し、これが許容強度を超えると熱割れを起します。
サッシや影部分が冷える冬場、快晴の午前中などに起こりやすいといわれています。
窓フィルムの有無とは関係なく発生します。

適切なフィルム選択、施工により熱割れを回避しましょう

窓フィルムと熱割れ

遮熱・断熱などの窓フィルムは、室内を快適にする一方、その分の熱をフィルムが吸収することになり、熱割れのリスクを高めてしまうことになります。
また、金属ワイヤーが埋め込まれた網ガラスは、そもそもガラスと金属の間に温度差が生じやすいため熱割れしやすいガラスですから、そこに窓フィルムを貼る場合には注意が必要です。
また、少しだけ、とか、半分だけ貼るという貼り方も温度差を増幅する原因となり熱割れのリスクを高めてしまいます。

熱割れリスクを事前に知ることができる熱割れ計算

熱割れを回避する

大切なガラスを熱割れにより破損することなく、窓フィルムによる快適性能だけを利用するには、事前の熱割れ計算が大切です。
家の立地や周辺の環境により窓ごとに熱割れリスクは異なります。
リスクを回避した安全なフィルム選択・施工を行いましょう。

網入りガラスなどに発生しやすい熱割れ現象。せっかく施工してもある日突然ひび割れが入っては台無しです。
熱割れを起こさないよう、事前の熱割れ計算計算を実施しましょう。
窓フィルムの種類や施工方法により回避できるケースもあります。施工担当者と相談しながら進めることが大切です。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問