窓フィルムはなかなかキレイに剥がせません。

フィルム剥がしは専門業者に依頼すればキレイ。

剥がすだけなら簡単、と思いがちですがこれがなかなか難しいものです。
お子様のシール剥がしで苦労したことはありませんか? 
専門の業者が貼ったフィルムは強力な接着剤を使用しています。
ホームセンター等で購入してご自身で貼り付けたものであっても、最近のフィルムは強めの接着剤を使っていますから、キレイに剥がそうと思うと苦労します。
さらに貼ってある場所や年数によってもフィルムの状態が異なるため、それにあわせた作業が必要になってきます。

キレイに剥がすには、まず準備を万端にしましょう

事前の準備

ご自分で剥がされる場合には、マイナスドライバー、洗剤、窓用スクレーパー、ぞうきんといった道具が必要になります。
マイナスドライバーは窓フィルムの端をつまめる程度に剥がすために使います。
中世洗剤はをかけながら剥がします。
窓用スクレーパーは、残った洗剤などをキレイにこそぎ落とすために使います。
ぞうきんは、水で流した後に窓を拭いたりしますのであった方が便利でしょう。

怪我に注意しながら、根気よく剥がします

剥がし方

マイナスドライバーやカッターの刃を使い、ガラスを傷つけないよう注意しながら窓フィルムの端を少し剥がします。
次に中性洗剤をかけながらあわてず、ゆっくりと剥がしていきます。
接着剤が残ってしまったら、中性洗剤をかけて取り除きます。
取り難い汚れは窓用スクレーパーを使ってこそぎ落としましょう(※手を切らないように注意)。
洗剤を水で流したら、最後はぞうきんを使ってキレイに仕上げます。

窓フィルム剥がしは結構な力仕事。根気も必要です

上手く剥がせないときは

窓フィルムの中でも防犯フィルムは厚みがあり、性質上接着剤も強力です。
剥がす際にもかなり力が必要ですから気をつけてください。
短冊状にカッターで切れ込みを入れるなどの方法もありますが、一般の方がガラスを傷つけずに切れ込みを入れるのは、なかなか難しい作業です。
防犯フィルムに限らず専門の業者に依頼すれば、そういった不安は払拭されます。

変化の激しい窓に貼るフィルムは接着剤も強力なものが多く、キレイに剥がすには技術だけでなく、薬品や道具が必要です。
さらに、設置範囲が広かったり、高所であったりすると、一般の方には難しい作業になってきます。
キレイに剥がしたい場合には、専門業者に依頼するのが無難です。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問