部屋側面であれば10年〜15年、屋外では5年〜7年です。天候などにも左右さます。

窓フィルムの耐久性は、状況により5年〜15年です。

窓は家の中で最も変化の激しい場所の一つです。
建物内外の温度差、日差し、紫外線、結露などの条件に加えて、掃除などの人為的要因もあり、厳しい環境ともいえます。
それでも、フィルムの研究開発は進み、部屋側面10年〜15年、屋外5年〜7年という目安年数を実現しています。
しかし、この年数に達するには技術を持った業者による正しい施工と知識が欠かせません。
最適なフィルムを正しく施工し、熱割れなどのリスクも回避して快適に長持ちさせましょう。

適切な時期に貼り替え、快適生活を持続させましょう

耐用年数はどのくらい?

大きくは内貼りと外貼りで異なります。さらには使用状況も耐用年数に影響します。
内貼りの場合は概ね10年〜15年、外貼りの場合は5年〜7年といわれています。
状況が悪ければもっと短くなり、良ければ20年〜30年もの間使用できることもあります。
しかし、10年もすればさらに良い製品が続々と発売されているでしょうから、そのくらいで貼り替えるのが長い目でみればお得といえるかもしれません。

折角の快適性能もフィルム選択を間違うと台無しになってしまいます

適切な製品選びが大切です

内貼り、外貼りそれぞれに専用フィルムがあるわけですが、屋根のしっかりしたベランダやビルの外部通路などには外貼りフィルムを使用します。
雨が直接あたらないからといって、内貼り用のフィルムを貼ってしまえば、効果も発揮されず、耐用年数も落ちてしまいます。
目的や状況にあった窓フィルムを選ぶことが、適切な耐用年数を実現する上では大切なことです。

フィルムによい環境は、人にもお部屋にもよい環境です

長持ちさせるには

窓フィルムの耐用年数は設置状況により異なるため、基本的にはそれに従うしかありません。
室内といえども湿気の多い場所や、窓ガラスの前に家具や機械などが置かれ熱がこもる場所、風呂などは劣化が早く進みます。
できるだけ熱がこもることを避け、換気をよくしておけば少しでも長持ちするでしょう。
また、クリーニングの際には硬い布で強く擦り過ぎて傷を付けないようにしてください。

窓フィルムの耐久年数は種類や設置方法・場所により様々です。
場合によっては熱割れなどのリスクもあります。
長ければ15年程持ちますから、確かな経験と技術を持った業者による最適な施工により、適性な効果を実現するとともに、張り替えコストを軽減しましょう。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問