家の中にいても日に焼けてしまうってほんと?太陽と窓がある限り人は日焼けをし続ける!

紫外線は一年中降り注ぎ、肌以外にも様々なものに影響を及ぼしている!?

暖かい季節になるとテレビCMでも紫外線カットを謳う商品を見かけるようになりますよね。
夏にだけ紫外線を気にすればいいと思っている方も多いのですが、実は紫外線は年中地球に届いており、晴れの日だけでなく、曇りの日にも多くの紫外線が私たちに降り注いでいるという事実をご存じでしょうか?
そして家の中にいたとしても日に焼けてしまうことがあるんです。
肌だけでなく身の回りのものに様々な影響を与える紫外線は出来るだけ避けたいけれど、家や車の中にいる間でも、ずっと日焼け止めを塗り続けるのは難しいものです。
そこでおすすめしたいのが窓に貼るだけで紫外線をカットしてくれるフィルムです。

2種類の紫外線それぞれの特徴とは?家の中にいても日焼けするのはなぜ?

紫外線は2種類あった!それぞれが肌に及ぼす影響とは?

太陽光に含まれる紫外線は、UVAとUVBという波長の異なる光に分かれています。
UVAは紫外線の9割を占める光で、肌の奥の真皮に届き肌の老化の大きな要因となります。
UVBは波長が短いためオゾン層に阻まれやすく、紫外線の割合としてはたった1割ですが、肌が赤く炎症を起こしてしたり、肌の表皮細胞だけでなくDNAをも傷つけ皮膚がんの原因になるといわれています。
UVBは直射日光に当たらないよう気を付ければある程度防ぐことができますが、UVAは波長が長いため、オゾン層や雲、窓ガラスをいとも簡単に通り抜けてしまいます。
家の中にいて直射日光に当たっていないのにいつのまにか日焼けしているというのは、このUVAが原因だったのです。

紫外線を浴びた分だけ見た目年齢に影響が出るとしたら?それでも紫外線に無頓着でいられますか?

紫外線に気を付けるだけで見た目年齢が変わる?!

数年前、海外のあるネットサイトに年間を通して毎日紫外線に気を付けてケアしていた女性と、紫外線に無頓着で過ごした女性の双子の写真が掲載され話題となりました。
通常であれば同じような老化の過程をたどるはずの双子なのに、その写真をみると一方は20~30代に思える若々しい女性、もう一方は50~60代とすら思える皺が顔中に刻まれた女性でした。
また、長年トラック運転手をしていた男性は、毎日同じルートを通っているが故に顔の片側部分だけが紫外線を受けて老化し、左右の顔がまったく別人のようになっていたのです。
このように、紫外線を浴び続けることでその部分は老化が進行し見た目年齢に大きく影響してしまうことになります。

海や雪山で、太陽がまぶしくて目が痛くなったことはありませんか?それって危険信号です。

紫外線は目にも悪影響!浴び続けることで生じる目の病気とは

眼球は常に紫外線の脅威にさらされています。
サングラスや紫外線をカットするフィルムなどで保護していない状態で強い紫外線を浴び続けることで、黒目の表面に傷がつき、炎症を起こす恐れがあります。
真夏の砂浜や真冬のスキー場などでは地面に反射した光が更にダメージを蓄積させ、充血したり涙が止まらなくなったり、目が傷むといった紫外線による角膜炎が起こることがあります。
また、目の奥にある水晶体に届いた紫外線が水晶体を濁らせ白内障を引き起こす恐れもあるのです。
その他にも、様々な目の病気の要因となることもあるため、紫外線対策は肌だけでなく眼球もしっかりと行うことが重要です。

紫外線やUVというキーワードについて、美容を気にする女性にしか関係がないと思っている方も多いかもしれませんが、実は私たち皆がきちんと気にしていくべきことなんですね。
ただ幸いにも、すぐに対策を取ることができますし、今からでも注意していくことで将来の自分自身を守ることにも繋がります。
まずは自宅の窓から始めてみませんか?

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問