外からの視線が気になって24時間365日カーテンを開けていない部屋はありませんか?

陽射しは欲しい、視線はいらない、そんなときは窓にフィルムを貼って解決!?

自宅の窓の前に道路があったり、他人の家が目の前にありプライバシーが気になるという方は多いのではないでしょうか。
周りからの視線が気になり、天気が良くてもカーテンや雨戸が開けられないと悩んでいる方におすすめなのが、窓に直接貼り付けるだけで簡単にプライバシーを保護してくれるフィルムです。
これなら、太陽の明るい光は室内に取りこみつつ外からの視線は遮ってくれるため、安心して過ごすことができるようになります。
これさえあれば、もう周りを気にして居心地悪い暮らしをする必要はありません!
カーテンを開けて明るい室内で過ごしましょう!

明かりは欲しいが視線が気になる。外の風景は見たいが室内を見られるのは嫌。どっちも選べない!

明るさを取るか、プライバシーを取るか。昨今の住宅事情の悩みとは。

街中や駅の近くは生活に便利な反面、狭い場所に家が密集して建っているため互いの家との間に距離がありません。
そのため、窓の外から室内を見られることを避けるためカーテンやブラインド、雨戸を常に閉めっぱなしという方も多いのではないでしょうか。
太陽の光を取り入れたり、景色を楽しみたいと思うと、どうしても外からの視線を遮るものを置くことができなくなります。
そんなときは窓に直接貼り付けるだけであなたのプライバシーを守ってくれるプライバシーフィルムがおすすめです。
光は取り入れつつも、特殊な加工で視線は通らない作りになっていますので、もう外からの視線を気にする必要はありません。

明るい場所から窓をみると、景色が鏡のように映り込むミラータイプ。そのメリットデメリットとは。

ミラータイプのプライバシーフィルムってどんなもの?

日中の明るい外側から窓を見ると、鏡のように景色を反射し覗けなくなるタイプのフィルムをミラータイプ(反射タイプ)といいます。
オフィスビルの窓に採用されていることが多く、外から中は覗けませんが中からは外がよく見えますし明るさも感じることができますので閉塞感などはなく、プライバシーはしっかり守ることができます。
ただし、ミラータイプのフィルムは光の反射を利用した仕組みなため、夜間は逆に外から室内がよく見え、室内が窓に反射して見えるため外の景色は見えなくなります。
夜間はきちんとカーテンを閉めないと室内が覗かれる恐れがありますので注意しましょう。

窓をすりガラスのようにして室内を覗けないようにする、すりガラスタイプ。使いどころを考えよう。

すりガラス(型ガラス)タイプのプライバシーフィルムってどんなもの?

すりガラスタイプは窓ガラスをすりガラスのようにして室内を把握しにくくするタイプのフィルムです。
ほとんど透けないタイプから、ぼんやりとわかる程度の透け具合のものまでいろいろありますので、浴室やトイレの窓は透けないタイプ、部屋の窓は少し透けるタイプといった感じに場所によって使い分けるのがおすすめです。
ただし、すりガラスタイプのフィルムは外の明るさは通りますが、室内から外の景色が見えにくくなるという注意点があります。
家中の窓をこのタイプのフィルムにしてしまうと、窓を開けないと外の景色が一切見えないことになってしまいますので、貼る場所はよく考えて選ぶようにしてください。

お隣さんとの距離が近い、窓のすぐそばに道路、昨今の住宅事情は様々です。
せっかく家を建てたり借りたりしても、カーテンが常に閉めっぱなしの部屋はありませんか?
そんなときにおすすめなのが窓に貼り付けてプライバシーを守るフィルムです。
フィルムにも様々な種類があるので、部屋にあった商品を選んで快適空間を手に入れましょう。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問