窓に貼り付けるだけで光に寄ってくる虫がこなくなる!虫嫌いなあなたに朗報です!

夏の夜、窓に虫が群がる姿なんて見たくない!窓フィルムで虫が寄ってこなくなる!?

夏になると、街灯の明かりやお店、家の窓ガラスの周りを虫がブンブンと飛ぶ姿をよく見かけるようになり、ギョッとすることも多くなります。
これは、虫が光を行動の道しるべとして利用する習性によるものが原因です。
虫は自分の本能に従って飛んでいるだけで責められるものではないのですが、自宅の窓に虫が群がる光景は正直遠慮したいものです。
そんな方におすすめなのが虫避け機能がついたフィルム
自宅の窓に貼るだけで、光に引き寄せられる虫が激減する便利なアイテムです。

夜の道しるべ?虫にとっては月の光も照明の光も同じに見えてしまうのが原因だった。

なぜ虫は光に集まるのか?ひたすら一途な悲しい虫の習性とは

夏の夜になると自動販売機やお店、家の明かりの周りをたくさんの虫が飛び交う様子をよく見かけます。
虫は明るいところが好きなのかというと実はそうではなく、虫の習性によって明りに群がってしまっているという事実をご存じでしょうか。
昔は夜にでる明かりといえば月しかありませんでした。虫はそんな月の明かりに対して一定の角度を飛ぶことで自分の位置を確認していました。
しかし、人工の光があるとその光を月明かりと勘違いしてしまい、その明りに対して一定の角度を保って飛んだ結果、月と比べて光源が近すぎるのでぐるぐると回りながら近づいていってしまうことになり、結果として光の周囲に集まっていってしまうのです。

窓に貼るだけで、どうして虫が集まりにくくなるの?虫が近づく波長の光とはどんなもの?

窓フィルムで虫が集まりにくくなるのはなぜ?進化した防虫フィルムはすごい!

虫が光に寄ってくるのは、人工の照明の光に虫にとって月明かりと同じ波長の長い近紫外線領域が含まれているためです。
防虫機能がついた窓フィルムは、フィルムを通すことで照明に含まれる近紫外線領域の光をカットしてくれる効果があります。
近紫外線領域が含まれた光が外に漏れなければ、虫はそこに光源があることにすら気付かず通り過ぎてしまいますので、窓の外に虫がブンブン飛び回っているなんてことはもう起こりません。
従来の防虫フィルムは波長の長い光をまとめてカットしていたため、どうしても黄緑色っぽくなってしまっていたのですが、最近のものは虫が認識する一定の波長幅のみをカットし、眺望を邪魔しないよう透明度の高いフィルムになっています。

窓に集まってくる虫を防ぐことができる便利な防虫フィルム、虫ならなんでも防げるわけじゃない?!

防虫フィルムは貼るだけでどんな虫にでも効果があるの?

窓に貼って虫の寄り付きを抑えることができるという防虫フィルムは、照明が出す近紫外線領域の光をカットすることで虫が光を認知できないようにする仕組みになっています。
そのため、光に集まる走光性を持つ虫には効果を発揮しますが、走光性を持たない虫を防ぐ効果はありません。
とはいえ、蛾やハエ、カメムシ、ガガンボなどの目に入るだけで不快となる虫の多くが付きにくくなるのであれば、虫嫌いの方には十分すぎるほどの効果を実感してもらえるでしょう。
防虫効果以外にも割れても欠片が飛び散らない飛散防止、紫外線カット、日射による熱のカットなどの付加機能も充実しています。

虫にとっては人工の光も月の光も同じに見えてしまうようです。
ですが、窓にフィルムを貼っておけば、照明の光が外に漏れる際、虫には認識できない波長の光に変えてくれますので、虫が窓に貼りつく恐ろしい光景を見ることはありません。
虫嫌いで特に夏の夜は外が怖くて仕方がなかったという方に、ぜひともおすすめしたいアイテムです。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問