窓を最新のものに変えるより早くて安い!窓フィルムが外気温を防いでくれます

窓があるせいで室内が不快に!?窓フィルムを使って快適空間をゲットしよう

夏に部屋が暑くなるのも、冬に部屋が寒くなるのも、外気温が窓から入り込んでいるからだということをご存じでしょうか?
特に夏は外気温が高いのはもちろん、窓に直射日光が当たることでも熱が伝わりやすくなり、外にいるよりも家の中にいるほうが暑いなんてことも。
しかし、暑いからとエアコンを夏中つけっぱなしにするのも節電になりませんし、電気代だってかかってしまいますよね。
そこでおすすめしたいのが窓に直接貼りつけるフィルムです。
特殊な構造のフィルムが外気がそのまま窓に伝わり、部屋の中が不快な温度になるのを防いでくれます。
それによって電気の節電・電気代の節約にもなるので一石三鳥です!

窓には断熱性能がないものがまだまだ多い。外気の影響を受けにくくするには?

夏は70%の暑さが入り込み、冬は50%の暖かさが窓から逃げる!?

夏場は窓から外気の70%が室内に入り込み、冬場は室内の温度の50%が逃げてしまうといわれています。たしかに夏は窓ガラスが熱くなりますし、冬は窓の周辺だけ特に寒く感じますよね。住宅の壁には断熱材がありますが、ペアガラスなどの窓に断熱性能がついたものがメジャーになってきたのは最近です。しかし、家の全ての窓を断熱性能つきのものに変更するには、多額の費用や施工のための工事が必要になってしまいます。厚手のカーテンを閉め切ったり、雨戸を閉めっぱなしにすれば外気の影響は受けにくくなるものの、部屋が常に暗くなります。快適に過ごすためには採光・眺望は維持しつつも、外気の影響はできるだけ抑えることが必要になるのです。

今日からできる省エネ対策、窓フィルムで疑似二重窓を実現し節電効果アップ!

簡単手軽に省エネ実現!?窓に貼る断熱フィルムの実力とは

窓ガラスに断熱性能が入っているものは、主に窓ガラスが二重構造になっており、2枚のガラスの間に空気の層を作ることで熱が伝わるのを防ぐ仕組みになっています。
窓ガラスに貼り付ける断熱フィルムは、フィルム自体に紫外線や日射熱をカットしてくれる機能があるだけでなく、窓とフィルムの間に空気の層を作り、疑似二重ガラス窓のような効果を作りだしてくれるのです。
フィルムによって窓が外気の影響を受けにくくなれば、エアコンの設定を見直すことに繋がります。
夏場はエアコン設定温度を2度上げるだけで消費電力が20%も下がるといわれているため、節電・節約に繋がりますね。

実際に窓に断熱フィルムを施工する際に何を選んだらいいか、商品ごとにどのような違いがあるのか。

断熱フィルムはどれを選んでもいいの?商品ごとの性能の差ってなに?

窓に貼る断熱フィルムには、機能の高さ等によっていくつかの種類に分かれています。
どれを選んでも絶大な効果が期待できるのかといえばそうではなく、安価なものと高価なものでは機能や性能に差があります。
ですが、ほとんどの断熱フィルムはある程度の遮熱効果がありますし、紫外線カット率が非常に高く、ガラスが割れた際の欠片の飛散を防ぐ等の付加機能があるため、比較的安価なものでも何も貼らない状態よりははるかに良い効果を得ることができます。
フィルムの断熱性能についてはフィルムの厚みや使われている素材によって異なりますので、予算や貼る窓の位置、自分が望む機能などによって上手に選んでいきたいですね。

外の暑さ寒さは窓から室内に侵入してきます。最近ではペアガラスなどの外気の影響を抑える窓がありますが、お金も時間もかかります。
そんなときは手軽に施工できる窓フィルムがおすすめ。窓を交換するより費用も時間もかかりませんが、その威力は貼る前とは比べ物になりません。
光熱費が気になっている方は窓フィルムを検討してみてはいかがでしょうか?

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問