結露はただ濡れて不快になるというわけではありません。放っておくととんでもないことに!?

冬の朝の悩み、窓ガラス周辺が結露でびしょ濡れになっていませんか?

寒くなり暖房をつける時期になると出てくる悩みのひとつが窓ガラスの結露ではないでしょうか。
朝になって窓を見てみると水滴がびっしりとついていて、窓の周りはすっかり濡れてしまっています。
掃除するのも大変ですし、これを放置していることでカビやダニの温床になることもあります。
その上結露が原因となり家だけでなく人体にまで影響を及ぼすことがあることをご存知でしたか?
大変な事態になるまえに、窓に貼り付けるだけの簡単施工で大きな効果が期待できるフィルムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

結露は空気中に含まれる水分と室内・外気の温度差が原因で起こります。

なぜ冬になると結露ができるのか?結露を防ぐ方法とは?

私たちが普段吸っている空気中には水蒸気が含まれており、暖かい空気と冷えた空気は、それぞれ含む水蒸気の最大量が異なります。
暖かい空気の中に含むことができる水蒸気がコップ一杯の量だとしたら、冷えた空気に含むことができる水蒸気はおちょこ一杯程度しかありません。
そのため、暖かい空気が冷えることでおちょこから溢れだした水は水蒸気の姿を留めておけず水滴に変化します。
夏に冷たい飲み物を入れたグラスに水滴がつくのも、冬に暖房を入れた部屋の窓ガラスに水滴がつくのもこれと同じ現象です。これが結露が発生するメカニズムとなります。
逆に言えば空気の温度差がなければ結露は起こらないということになります。

ただ窓周りが濡れるだけじゃない、結露は放置すると思わぬ悪影響を及ぼすことも。

結露は家だけでなく人間まで悪影響を及ぼす?!結露が原因で起こる不具合って?

結露によって窓周りの湿度が高くなり、暖房の暖かさと湿度によってカビやダニが発生しやすくなります。
カビは窓枠周辺の壁から床へと浸食していき、構造内部まで劣化させる原因となります。
結露が多い窓付近の床がベコベコになっていたり、壁紙の内部にまでカビが入り込みシミになってしまっていて、拭いても取れないということはありませんか?
それは結露によって窓周辺が劣化してきている証拠です。
また、カビを餌にして増えたダニは喘息やアレルギーを引き起こします。
結露によるダニの増殖が原因と思われる肺炎や喘息は特に小さなお子さんやお年寄りにとって脅威でしかありません。

窓を総取り替えするか、窓フィルムを貼ることで結露を最小限に抑えることができるようになります。

結露を予防するには窓を改善するべし!窓フィルムを使って手軽に結露対策を!

カビやダニによるアレルギーなどの恐ろしい症状を引き起こす結露を防ぐためには窓を改善する必要がありますが、家中の窓を結露を防ぐことができる高性能の窓ガラスに取り替えるとなると、多額の費用が必要になります。
そこでおすすめなのが今ある窓ガラスの上に貼り付ける、断熱機能を持った窓フィルムです。
フィルムを貼り付けることによって窓ガラスとフィルムの間に空気層を作りだし、その空気層が保温層となって外気との温度差を少なくしてくれる効果が期待できます。
直接窓ガラスに暖かい部屋の空気が触れないため、急激な温度差が生じにくくなり結露の発生を抑えてくれるのです。

冬の悩みのひとつが、朝に窓周りが結露でびしょ濡れになることだという方も多いはず。
結露は暖かい部屋と寒い外気の温度差が原因となって起こるため、この温度差をどれだけ少なくするかが鍵です。
窓フィルムを貼ることで窓とフィルムの間に空気の層ができるため、結露が起こりにくくなります。
今年の冬から結露の心配と無縁になってみませんか?

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問