遮熱・断熱を効率よく利用して家ごと省エネ・快適にしちゃいましょう。

夏の熱線をカット、冬は断熱、窓フィルムを活用して快適に。

夏になると熱線が厳しくてずっとカーテン、冬になると窓際が寒いなどといった経験はありませんか?
そういった場合にもフィルムが活躍します。
夏は強すぎる陽射しをカットして涼しく、冬は窓から熱を逃さず暖かく、室内をより快適にしてくれる高機能のフィルムが続々と開発されています。
遮熱効果は床の劣化も防ぎますし、断熱効果があれば、冬場の結露対策にも有効。
結露に起因するカビ・ダニの発生を抑え、室内空気の汚染も防ぎます。

遮熱の効果はかなりのものです。クーラーの効きも断然違います!

夏の遮熱 〜 景観そのままに不快な暑さをカット!

真夏のギラギラした太陽。西陽などあたろうものなら、いくらクーラーをかけても不快そのものです。
しかし、日を遮るためにカーテンを締め切りにしては景観も明るさも台無し。
窓フィルムを施工すれば、そんな悩みから開放されます。景観を気にしないのであれば、カラーフィルムやミラーフィルムが使用できます。
景観と遮熱を両立したいという場合には、熱のもととなっている不可視光線である赤外線だけをカットし、可視光線を透過させる透明の遮熱フィルムを選ぶことになります。

断熱フィルムで暖房効率アップ! 遮熱・断熱兼備もあります!

冬の断熱 〜 熱を逃さずポカポカ

冬の暖房効率をアップする断熱フィルムもおすすめです。
お部屋の温度を逃がさないため、部屋はポカポカ、暖房代も節約できます。
夏と冬では太陽光の角度が違いますが、両方の機能を一枚のフィルムでまかないたいという場合もあると思います。
その際には、遮熱・断熱両方の機能をもったフィルムを選びましょう。

結露も防止してくれるから、カビによるお部屋の空気もキレイになります

遮熱・断熱がもたらす様々な効果

遮熱フィルムは赤外線とともに、紫外線もカットしますから家具や床、雑誌など様々なものの日焼けを防ぐことができます。
当然、紫外線による人体への悪影響もカットしてくれます。
断熱フィルムは結露を防ぎますからサッシ周りの劣化を抑え、結露を原因としたダニ・カビの発生を防ぐことから室内の汚染をも防止してくれます。

夏の遮熱、冬の断熱は、いまや快適な住まいに必要不可欠な対策といえるかもしれません。
窓フィルムを貼ることにより、これらの効果は断然アップします。
お住いの立地や部屋ごとの特性にあわせて効果の高い窓フィルムを使用しましょう。
プロが間違いのない商品選択・施工でお手伝いします。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問