防犯対策に窓フィルムを活用する場合には選び方が大切です。

防犯に効果的な窓フィルム選びとは?

空き巣の約6割は窓から侵入するといわれていますから、フィルムによる防犯対策には効果が期待されます。
しかし、適した商品を選ばなくてはせっかくフィルムを貼っても意味がありません。
窓から侵入しようとする空き巣は約5分以内に窓を破って侵入することを目指しています。
そこで、少しでも手こずらせ、5分以上かかるようにすればある程度の防犯効果があるといえます。
フィルム選びの際に大切なのは、厚みです。
薄手の飛散防止フィルムではなく、約0.35ミリ以上あるものを選びましょう。

犯罪の実際を知り、効果的に防犯フィルムを導入しましょう

どんな防犯対策に効果を発揮する?

強盗や空き巣など家や店舗、オフィスに侵入する犯罪はなくなりません。
留守にする時間が長い方などは不安に思われている方も多いのではないでしょうか。
防犯用窓フィルムは特に空き巣に効果があります。
また、バールやハンマーなどでガラスを叩き割る強盗でも、窓フィルムを貼っていればある程度の抑止力になると考えられます。

窓ガラスを破りにくくする窓フィルムの犯罪防止効果

空き巣の6割強は窓から侵入します

空き巣の侵入経路の6割強は窓だといわれますから、窓は最も狙われている場所なのです。
2014年の警視庁の資料を見ると、65.6%が「ガラス破り」、26.8%は「無締り」となっており、実体としてはほとんどが窓から侵入しているということになります。
空き巣の窓を破る目安は約5分以内ですから、防犯フィルムによって破りにくくすれば、その防犯効果は大きいのではないでしょうか。

適切な防犯効果を発揮できるよう、正しいフィルムを選び効果的な場所に施工しましょう

商品選びが大切です

「防犯にもなる」といって飛散防止フィルムを貼っているケースがあるようです。
これでは、適正な防犯効果は期待できません。
防犯対策フィルムは専用の設計になっており、厚みが違います。
およそ0.35mm以上の防犯対策窓フィルムを選ぶのが正しい選択です。

空き巣対策に導入されることの多い窓フィルム。
しっかり効果を発揮するにはどんなフィルムを選べばよいのでしょうか?
飛散防止フィルムが防犯にも効果的という、ついでの発想ではなくしっかり防犯の役割を果たすものを選びましょう。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問