家の立地ごとに窓フィルムに求める機能は異なります。自分に合ったフィルムを選んでください。

ひとくちに窓フィルムといっても、その機能は様々です。あなたが求める機能とは?

紫外線をカットしたい、防犯対策をしたい、外からの視線が気になる、窓に求める機能は人それぞれです。
建物の1Fなら防犯やプライバシー保護を重視、2Fなら紫外線カットを重視といった具合に、ひとつの建物内でも欲しい機能が異なる場合もありますよね。
こちらでは、フィルムを機能別に分けて紹介しています。
ひとつの機能フィルムでもランクがありますので、コスト面などのバランスも考えつつ、自分や家族にとってどのフィルムがいいのか、きちんと話し合ってぜひベストなフィルムを選んで頂きたいと思います。

遮熱・断熱を効率よく利用して家ごと省エネ・快適にしちゃいましょう。

夏の熱線をカット、冬は断熱、窓フィルムを活用して快適に。

夏になると熱線が厳しくてずっとカーテン、冬になると窓際が寒いなどといった経験はありませんか?
そういった場合にも窓フィルムが活躍します。
夏は強すぎる陽射しをカットして涼しく、冬は窓から熱を逃さず暖かく、室内をより快適にしてくれる高機能のフィルムが続々と開発されています。
遮熱効果は床の劣化も防ぎますし、断熱効果があれば、冬場の結露対策にも有効。
結露に起因するカビ・ダニの発生を抑え、室内空気の汚染も防ぎます。

防犯対策に窓フィルムを活用する場合には選び方が大切です。

防犯に効果的な窓フィルム選びとは?

空き巣の約6割は窓から侵入するといわれていますから、窓フィルムによる防犯対策には効果が期待されます。
しかし、適した商品を選ばなくてはせっかく窓フィルムを貼っても意味がありません。
窓から侵入しようとする空き巣は約5分以内に窓を破って侵入することを目指しています。
そこで、少しでも手こずらせ、5分以上かかるようにすればある程度の防犯効果があるといえます。
窓フィルム選びの際に大切なのは、厚みです。
薄手の飛散防止フィルムではなく、約0.35ミリ以上あるものを選びましょう。

目に見えないだけに、信頼できる情報を頼りに選びたいものです。

暖かい陽射しは欲しいけど、紫外線はカットしたい。

紫外線や赤外線など有害な光だけをカットして、陽当りの良いお家で快適に過ごしたいものです。
窓フィルムなら窓に貼るだけで紫外線がカットできます。紫外線(UV)には日焼けの原因となるAと皮膚ガンを誘発するといわれるBの2種類があります。
この双方を99%吸収しつつ、近赤外線もカットしてくれる商品などもあります。
窓フィルムで紫外線をカットしておけば、人体だけでなく窓付近の家具や様々なものの劣化・色あせを抑制することができます。
暖かい陽射しはそのままに、快適生活を手に入れましょう。

目隠しフィルムの優れた機能をご紹介します。

室内の明るさはそのままにプライバシーを確保。

目隠しフィルムには3つのタイプがあり、お好みに応じて選ぶことができます。
鏡のように反射するミラータイプ、曇りガラスのようなフロストタイプ、色を付けて眩しさを抑えるスモークタイプです。
外からの視線を気にして日中でもカーテンやブラインドをしてしまうと、せっかくの光を遮ってしまいますし、明るい開放感を損ないます。
3種類の窓フィルムから最適なものを選んで施工すれば、明るさとプライバシーを両立することができ、同時に紫外線カットや飛散防止の効果を得ることもできます。

家族構成や立地によって窓に求める機能は千差万別です。
どの機能を重視するのか、コストはいくらまでかけられるか、しっかりと悩んでより良いフィルムを選ぶことができるといいですね。
フィルムごとの詳細については、どんなことでも業者にお気軽にご相談ください。
お客様にとってベストなフィルムを選ぶお手伝いをさせて頂きます。

お見積・ご相談は完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINE@でご質問 メールでご質問